アルバイト

アルバイトをする方は、大きく分けて二種類だと思います。自分のお小遣い稼ぎのために高校生から始める学生アルバイトと、夢や叶えたい目標のため最低限の収入を得ることを目的とするフリーター。そもそもアルバイトというのは、学業や勉学を主とした人を指すものですが、今回はフリーターも一つの例とします。それではどのようにアルバイト先を探すのがオススメかを、紹介していきたいと思います。

アルバイト探しなら、王道的な現代の象徴であるインターネットや仕事探しアプリがオススメ!

学生のみなさんを筆頭にアルバイトを探す機会が多いと思います。アルバイトを探す時、どのような情報源を使っているでしょうか。例えば駅に置いてある、アルバイト情報誌があります。冊子にコンパクトにまとめら…

他には載っていないレアな仕事も!住む町に近い職業案内施設へ足を運んでみよう!

ネット社会が主流になってきた今、アルバイト先を探すときにはまずネット上の求人掲載サイトやアプリを見ることも多いですよね。しかし、常にチェックしているとはいえ、中々代わり映えしない求人内容。そんな時…

まずは自分の興味あるお店を見定めてみよう!直接電話で問い合わせ法

意外と手っ取り早い!気になる求人がない場合の必勝法!

アルバイトをしようと思った時に、まず通る道であろう求人募集サイト・アプリ。自分の条件や希望を絞り込んで検索できる機能はとても便利ですが、自分の希望に合った求人が見つからないこともあります。少し無理をしたり、致し方なく妥協した求人を選ぶことも、社会に出るという面では大切なことですが、やはり希望通りの求人があればそれ以上に嬉しいことはありません。 そんな方にオススメしたい必勝法が、「気になる店舗に直接電話をかけてしまう」という方法です。「え、そんなこと迷惑じゃないか?大丈夫なのか?」という意見も聞きますが、大丈夫です。きちんと言葉遣いや態度さえ丁寧に抑えておけば、直接問い合わせても問題はありません。

直接電話するメリット

求人募集は出していないものの、求人が欲しいと思っている企業は意外と多いものです。それでは早速、電話で問い合わせをする際の最低限のマナーと、メリットを紹介していきます。まずは、自分の気になる店舗・企業さんを探します。この段階では、詳しい勤務時間や指定事項も何も分からないので、「こういう仕事内容、向いていそうでやってみたいな」「来店した際の雰囲気が良かったから、ここが気になるな」といった視点で判断してみればいいです。 気になる店舗を見つけたら、いよいよ電話方法です。「こんにちは、お忙しいところすみません。少しお伺いしたいことがあるのですが、お時間宜しいでしょうか?」と最低限の挨拶から入ります。時間の許可を得たら、求人募集の確認をします。勿論、今は募集していない場合もありますが、募集していたらかなりラッキーです。そのまま面接までいき、希望通りの店舗に入社できる可能性はぐっと上がります。

正社員

家族のため、生活のため、社会の多くの人は何らかの理由を持ち働いています。その中でも正社員は責任もあり、できれば長期的に働きたいため仕事選びも慎重になります。中には、前いた職場で嫌な思いをして、転職という形で正社員募集先を探している方もいるのではと思います。様々な理由や状況がある中で、正社員になるためのオススメの仕事探し方法を紹介していきます。

まずは初心のステージへ。アルバイトメインの仕事探しアプリにも目を配ってみよう。

正社員求人に応募しようとする際、求人票の応募条件の項目に「販売経験あり」「接客経験あり」などの文字を見かけたことがあるのではないでしょうか。もしも応募条件を満たす経験がない場合、遠回りに見えますが…

正社員になりたいなら、大人向けの本格的なインターネットサイトへ登録。

新しく仕事を探す時は工夫が必要で、特に情報収集をどうするか考えなければいけません。簡単に仕事探しができる所としては、インターネットのサイトがあって人気があります。パソコンなどで利用できるインターネ…

実際の詳しい会社情報も手に入る可能性ありな、職業案内施設へ。

職業案内施設は仕事を探している求職者のために、仕事を紹介してくれる施設のことを言います。具体的なサービス内容は、担当者が求職者の希望を元におすすめの求人を斡旋してくれたり、失業中で雇用保険に加入し…